食事をすると眠くなってしまうのはなぜ?

食事をすると眠くなってしまいます。それはなぜかと言うと、急に眠くなってしまうのは、オレキシンというホルモンが関係しています。ホルモンの関係で食事をするとよく眠くなってしまうのです。一般的に、食後に眠くなるのは、食事を摂ると血液の流れが胃の部分に集中するからと言われていました。胃に血液が集まると、その分、脳の血液の流れが減少することになるからです。しかし最近の学説では、このことは否定されています。脳の血流は眠くなるほど血流低下を起こしていないことがわかったからです。食事をするとよく眠くなるのは、オレキシンという脳内ホルモンの作用が関与していて、これは覚醒効果のあるホルモンになります。食事をしてお腹が一杯になって満腹中枢が刺激されると、オレキシンの分泌量が少なくなるので、眠くなってしまうのです。食事をするとよく眠くなるのは、膵臓の疲れも関係しているといわれています。食事をとると血糖が上昇するので、膵臓からインスリンが分泌されます。普段から食べ過ぎの傾向にある人は、インスリンの量を多く必要とするので膵臓に負担がかかります。

ロスミンローヤルの口コミ