黒ずんだ肌を美白するには?

肌の黒ずみには、摩擦が大きく関係しています。洋服との摩擦によって、膝や肘、デリケートゾーンなどに黒ずみが起きます。例えばフィット感が強めのジーンズではなく少しだけ余裕があるタイプのものを選んで着る、体型に合ったインナーを身に着ける、これだけで黒ずみは軽減され美白効果が得られます。さらに気になる部分に保湿力の高い美容液などを使うことで、美白効果とともにさらさらすべすべの肌にする効果が期待できます。背中の黒ずみの場合、体を洗う前に髪を洗うことでかなり改善する場合があります。背中の黒ずみの場合、原因は摩擦であるというよりも、きちんと洗えていなかったり石鹸やシャンプー等がしっかりと流せていなかったりすることによるケースが多いためです。また、使っているボディーソープを変えてみるというのも一つの方法です。自分の肌にぴったりのものを見つけることで、驚くほどの美白効果を得られることさえあります。ずっと同じボディーソープを使っているという場合は、一度変えてみるのもいいかもしれません。その他、目の下の黒ずみの場合は、スキンケアの際に力を入れないということがポイントです。

ひじの黒ずみを消す

ワキの黒ずみの解消は皮膚科で受けることはできる?

脇の黒ずみになる原因は、処理の際の利用するカミソリが主な原因です。カミソリで皮膚の表面を傷つけてしまい色素沈着になることにより黒ずみになります。予防としてはカミソリでの処理をしない事。脇毛処理をした後は保湿クリームなどでしっかり保湿を行う事で予防はできます。できてしまった黒ずみは皮膚科で治す事ができます。治療法としては塗り薬で黒ずみを解消でする方法とケミカルピーリングという方法があります。塗り薬の治療法は黒ずみやシミの原因となるメラニン色素は排出する効果と美白効果のある成分の塗り薬を塗り少しずつ黒ずみを解消していく方法です。ケミカルピーキングは皮膚をはがす事できれいな皮膚に生まれ変わります。古い角質とメラニン色素を除去し、肌のターンオーバーを目的とします。ケミカルピーキングは強すぎても弱すぎても肌に負担がかかるため皮膚科での医療機関で治療する事をおすすめします。エステなどでも行ってくれますが、効果や解消するスピードがまったく違うため色んな意味で皮膚科で行うようにしましょう。レーザー治療もおすすめです。そんなにまだ黒ずみが気にならない方は、ピンポイントで毛穴の黒ずみなどにレーザーをあて、メラニン色素を破壊していくといった方法です。1回で治療が終わる場合もあり仕上がりも毛穴が目立たなくなり黒ずみも解消されるというメリットがあります。市販の塗り薬やピーリング剤などで自分で解消できますが、ひどくなる場合もありますので皮膚科で行いましょう。

ひざの黒ずみ予防法