疲労を回復しやすい食事とは

疲れが溜まってきたら取りたいと思うものです。そのためには寝るということも大切なことですが、食べるもので効率的に疲労が回復できたらより効率的であるということが言えます。そんな疲労回復に効果のある食べ物は肉類や魚類や大豆に卵などに多く含まれているタンパク質、疲労回復ビタミンとも言われる豚肉や鮭にアスパラガスなどに多く含まれているビタミンB1、疲れにくい体を作ると言われている納豆やレバー、はちみつなどに多く含まれているパントテン酸、精神的な疲労を回復してくれる海藻やごま、ほうれん草やナッツに多く含まれているマグネシウム、マグネシウムと一緒に取るとより効率的に疲労が取れる乳製品や小魚に大豆などに含まれているカルシウム、肉体疲労と精神疲労とに双方に効果があると言われているクエン酸などが挙げられます。これらはすべて科学的にも疲労回復がなせると認められているものです。効率的に疲労を回復するためにはこうした栄養成分を含んだ食べ物を上手に食べるととともに十分な休息を摂るということを心がけていくと尚のこと良いでしょう。

馬プラセンタ

食事をすると眠くなってしまうのはなぜ?

食事をすると眠くなってしまいます。それはなぜかと言うと、急に眠くなってしまうのは、オレキシンというホルモンが関係しています。ホルモンの関係で食事をするとよく眠くなってしまうのです。一般的に、食後に眠くなるのは、食事を摂ると血液の流れが胃の部分に集中するからと言われていました。胃に血液が集まると、その分、脳の血液の流れが減少することになるからです。しかし最近の学説では、このことは否定されています。脳の血流は眠くなるほど血流低下を起こしていないことがわかったからです。食事をするとよく眠くなるのは、オレキシンという脳内ホルモンの作用が関与していて、これは覚醒効果のあるホルモンになります。食事をしてお腹が一杯になって満腹中枢が刺激されると、オレキシンの分泌量が少なくなるので、眠くなってしまうのです。食事をするとよく眠くなるのは、膵臓の疲れも関係しているといわれています。食事をとると血糖が上昇するので、膵臓からインスリンが分泌されます。普段から食べ過ぎの傾向にある人は、インスリンの量を多く必要とするので膵臓に負担がかかります。

ロスミンローヤルの口コミ